Highleads Home Studio 始動!





Highleads Home Studio Set

仕様解説

1~8, Highleads-W8が母体(8点)になってます。   

9, ライドシンバルに【 Highleads-PCX16 】を採用。   

10, その下に【 Highleads-PCE12 】を採用。       

11,  ハイハット右【 Highleads-Free-Hi-Hat-System 】   
( トップが PCE / ボトムが PCA )を採用。

12,  Meinl 製 Generation X Filter Chinas 14 inch に    
穴開け加工して、NewCubeMic-Cを設置。

13, 一番左はパール製(旧)TPX-6にNewCubeMic-W     
を内蔵設置して、ASPRのクリア打面。

14, サイドスネアは、NEGI製8インチメイプル       
スネアにNewCubeMic-Wを内蔵設置。

15,   12インチタムは、Pearl パール マルチウェイ     
ピッコロスネアMS1235S/Cのスナッピーを除去して
タム化し、NewCubeMic-Wを内蔵設置のASPRヘッド。

16, 14インチタムは、MAPEX製14インチスネアをノコギリで 
二つに切ってNewCubeMic-Wを内蔵設置しました。

以上が、16点の内容となっております。




Highleads ☆ 3Way の楽しみ方



第一章 アコースティック編


第二章 エレクトリック原理編


第二章 エレクトリック技術編


第二章 エレクトリック表現編


第三章 MIDI発音編


音処理には、M1MAXチップを採用! 

※ 16点セットの音処理で納得できる性能を発揮できるのは、2022年現在で、M1Maxチップのみと考えております。


2022.3/29

この16点セットでライブをやりました!! 

上の動画は短く編集した抜粋集です。

ツイキャス配信録画を友田自身がマスタリング編集したDVDを発売しております。

小口径な浅胴生ドラムセットの各楽器に
NewCubeMicを内蔵設置してあります!



特徴は、

1.自宅で本格的な生ドラム演奏が出来る事。

2.軽くて小さい為、持ち運び設置が楽な事。

3.音量が小さい為、叩ける場所が増える事。

4.エレキ化音量増幅、音質改善が出来る事。

5.各楽器にエフェクトを自由に設定出来る。


W8なら、ホームレコーディングができます!↓

解体しながら、解説してみました。↓


2020年末に、Phonogenixのドラマーとして、ライブ出演のオファーを頂きました。
自分の叩きたい音を集めたら、Highleads-W8に、シンバル2種類、クローズドハット
サイドスネアと、12インチタムを付加し、バスドラムはダブルペダルになりました。

上のサウンドコーディネートにて、下のライブを実現しております。
(※ Highleads-W8+αなセットです。)




弊社でレコーディングし、CDに参加させて頂きました。

生ドラム内蔵設置も、これで大丈夫!